老舗企業のIoT活用による新サービス展開が聞ける

住友ゴム工業・カワサキ機工登壇

IoTプロフェッショナルと​話せる展示会併設

 Hello SORACOM

2022.9.8 THU 10:00 大崎ブライトコアホール(東京・品川区)

img_2209_guests.png
img_live-streaming.png

ライブ配信、決定!

お客様のご要望にお応えし、セッションのライブ配信が決定しました。

遠方のお客さまも是非ご参加ください。

 

開催日時

2022年9月8日(木)
10:00〜18:00

受付開始
事例編:9:30〜
​ソリューション編:14:00~

会場

大崎ブライトコアホール
東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F
​Zoomによるライブ配信(セッションのみ)

申込

事前申込制・参加費無料

​1日でIoTの基礎からデータ活用までがわかる

『Hello SORACOM』は、IoTを自社ビジネスに取り入れたい、SORACOMのサービスについて知りたいとお考えの皆様、IoTシステムの構築をお考えの方向けに、IoT/SORACOMを知る入口としてご紹介するイベントです。
 

IoTの基礎からゲスト企業の実例までが聞ける

午前の部は『事例編』と題して、最新のIoTの動向やIoTビジネス構築の課題と共に、SORACOMを導入いただいた様々な業界の企業様の事例をご紹介。中小企業の生存戦略としてIoTを取り入れたサービスを展開するカワサキ機工、乗用車向けにタイヤ空気圧や温度をリモート監視するサービスを開発した住友ゴム工業の2社をお迎えして、実例をお話いただきます。
また、デモを通して、SORACOMのサービスを利用した簡単な可視化の始め方もご覧いただきます。

 

デバイスやソリューションで始める、広がるIoT活用

 

午後からは、IoTコネクティビティ、デバイスの管理、クラウドへの連携、セキュリティ対策といったIoT構築時の課題を解決する SORACOMプラットフォームをご紹介。IoTをすぐに始められる、センサーやバッテリー付きデバイスやカメラソリューションを利用した、現場のデータ化やデータ活用についてもご説明します。
​また、IoTを利用したHACCP対応ソリューションを開発したハピクロ、CO2センサーなど様々なIoTデバイスを提供するラトックシステムをゲストに迎え、お客様のIoT活用をサポートするソリューションと導入事例についてお話いただきます。


ワークショップや個別相談、展示スペースも

 

展示スペースでは、SORACOMのAIカメラ『S+ Camera』や、簡単設置・リーズナブルな価格でクラウド常時録画機能も使える『ソラカメ』、パートナー企業4社のソリューション展示も実施します。

セミナー終了後は 「個別相談」の時間を設けていますので、自社での採用・利用に際しての課題、IoTシステムへの疑問や懸念についてご相談が可能です。

実際に手を動かして体験したい方向けに、「SORACOM Lagoon」を利用したデータの可視化や、「GPS マルチユニット SORACOM Edition」で温湿度に加え加速度のセンシングと可視化を体験できるワークショップをご用意しています。各回定員18名ですのでお早めにお申し込みください。

IoTシステムの導入を検討されている皆様にぴったりなイベントです。是非この機会にご参加いただき、IoTの基礎からSORACOMサービスを利用した現場のデータ化、データの活用方法を体験してください。

 
 

タイムテーブル

事例編

ソリューション編

10:00~13:15

14:30~18:00

ご興味のあるセッションのみのご参加も可能です。

※12:30~13:15 ワークショップ

※16:50~17:50 ワークショップ

10:00​ - 10:30

はじめてのIoTとSORACOMの位置づけ
株式会社ソラコム 営業部門 セールスディベロップメントチーム 統括
伊佐 政隆


センサーやカメラを用いて「現場のデジタル化」をするのがIoTであり、DX(デジタルトランスフォーメーション)における "デジタル化" を担っている技術です。実はすでに多くの事例があり、私たちの生活に溶け込んでいます。

 

本セッションでは、IoTの全体像や最新事例の紹介と共に、「IoTのつなげるを簡単に」するサービスを提供しているSORACOMの概要や役割をご紹介します。

10:45​ - 11:40

お客様事例①
中小企業の生存戦略としての IoTサービス展開

- カワサキ スマート コネクト -

カワサキ機工株式会社 開発部 課長 桜井 昌広 氏

私たちは茶生産加工設備の開発・製造、および保守サービスの提供をする創業117年を迎えた産業機械メーカーです。中小企業なりの生存戦略を模索する中で、どのようにIoT技術を取り入れ活用しているのか、サービス開発のストーリーを共有します。

 

お客様事例②
ダンロップ「タイヤ空気圧・温度管理サービス」
事業化への道のり

​住友ゴム工業株式会社​ タイヤ国内リプレイス営業本部
ソリューション営業部
寺本 雅紀 氏


住友ゴム工業のタイヤ事業(ダンロップ)では、乗用車向けに空気圧センサー(TPMS)を利用した『タイヤ空気圧・温度管理サービス』を提供しています。IoTやクラウドを活用した新たなデータ活用ビジネスの着想から事業化までの道のりをご紹介します。


まとめ
​ソラコム社員からゲスト登壇者へお話を伺いながら、お客様の事例についてポイントをまとめてご紹介します。

11:55 - 12:15

IoTのデータ活用はここまで簡単に!
ライブデモでわかるデータの可視化

株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 松永 岳人


IoTやDXで言われる「データ活用」は、実際どのような機能が必要なのか?蓄積先の準備やアプリケーション開発はどのくらいかかるのか?など、不明なことが多く存在します。本セッションでは、あらゆる現場で適用できるデータ活用に必要な機能の紹介と、SORACOMのIoT向けデータ活用サービスをライブデモにてご覧いただき、迅速なデータ活用の様子をご案内します。

12:30 - 13:00

​個別相談会

※希望者のみ、事前申し込み制で実施させていただきます。
先着順につき、お申し込み多数の場合は少々お待ちいただくか、後日の
ご連絡となる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

12:30 - 13:15

IoTデータ可視化 体験ワークショップ(定員18名 先着順

IoTは実際に試すことで、理解を深めることができます。本ワークショップは、「SORACOM Lagoon」を用いて、温度や位置情報といったIoTデータを可視化する体験が可能です。今後、お客様がIoTデバイスから集めたデータも、本仕組みを利用することで同じように可視化することができます。

【当日ご持参いただくもの】

  • Wi-Fiに接続できるPC

会場のWi-Fiに接続いただく必要があります。特に会社のPCをご持参の場合には、外部のWi-Fiに接続できることを確認の上、ご持参ください。

※ノートPCをお持ちでない方向けに、貸し出し用PCをご用意しています(数量限定)

  • メールアドレス

当日メール受信できるメールアドレス。SORACOMのアカウント作成や、ワークショップに必要な情報取得に利用します。

  • クレジットカード

​SORACOMのアカウントを作成いただく際に必要となります。プリペイドカードやデビットカードではご登録いただけません。

14:30 - 14:45

IoTのよくある課題から逆引き!SORACOMを使ったIoTシステム開発/導入の進め方

株式会社ソラコム 営業部門 セールスディベロップメントチーム 統括
伊佐 政隆

 

IoTシステムの設計/構築には様々な技術的要件や課題がつきまといます。IoTシステムのコネクティビティを提供するSORACOMサービスはそんな課題を解決できる機能を提供し、多くのお客様にご活用いただいています。本セッションでは、これからIoTシステムを開発をする上で事前に認識しておくべき事柄として通信、デバイス管理、クラウド連携の観点から、それらを解決するSORACOMサービスのお役立ちポイントをご紹介します。

14:45 - ​15:15

​IoTデバイス活用入門
〜現場のデジタル化とデータ活用の仕組み

株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 横田 峻

IoTデバイスとは、センサーやカメラを用いて現場をデジタル化するハードウェアのことです。実際の活用となると、センサーの選び方やクラウド連携のための通信の準備など、課題が出てきます。本セッションでは、今すぐ使える通信内蔵のIoTデバイスの紹介や活用方法をはじめ、クラウド連携によるデータ蓄積と活用の流れを紹介し、IoTシステムの全体像と取り掛かり方をご案内します。

15:30 - ​16:10

IoTソリューションのデータ活用とその先

IoT/SORACOMの導入をサポートするパートナー企業に、ユーザーの活用事例を交えながら、IoT活用のノウハウについてお話いただきます。

IoTを利用したHACCP対応ソリューションを開発し、食品流通業界などに利用が広がるハピクロ、CO2センサーや放送業界向けソリューションなど、様々なIoTデバイス開発に関わるラトックシステムの2社をゲストにお迎えします。

株式会社ハピクロ 代表取締役社長

中田 佳孝 氏

ラトックシステム株式会社 代表取締役社長
近藤 正和 氏

​株式会社ソラコム アライアンスマネージャー

​細川 大輔

16:25 - ​16:35

IoTへの取り組み方「3つの方法」
株式会社ソラコム 営業部門 セールスディベロップメントチーム 統括

伊佐 政隆

本イベントのまとめを行いつつ、IoTへの取り組み方「3つの方法」を通じて、ご参加いただいた皆様のIoT活用をさらに推し進めるヒントをご紹介します。

16:50 - ​17:20

個別相談会

※希望者のみ、事前申し込み制で実施させていただきます。
先着順につき、お申し込み多数の場合は少々お待ちいただくか、後日の
ご連絡となる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

16:50 - ​17:50

IoTデバイス実践ワークショップ(定員18名 先着順)
 

IoTデバイスの実機に触れながら、SORACOMアカウントの作成からデータの可視化までを学べるワークショップです。位置情報、温湿度、加速度の4種のセンサーと通信を内蔵したI「GPS マルチユニット SORACOM Edition」で、本格的なIoTを体験いただけます。

 

【貸し出し】ワークショップで使用するIoTデバイス一式(GPSマルチユニット SORACOM Edition)

​【プレゼント】SORACOM 特定地域向け IoT SIM (plan-D D-300MB データ通信のみ マルチSIMサイズ) 

【プレゼント】SORACOM利用料に充当できるクーポン (330円分)​

【当日ご持参いただくもの】

  • Wi-Fiに接続できるPC

会場のWi-Fiに接続いただく必要があります。特に会社のPCをご持参の場合には、外部のWi-Fiに接続できることを確認の上、ご持参ください。

※ノートPCをお持ちでない方向けに、貸し出し用PCをご用意しています(数量限定)

  • メールアドレス

当日メール受信できるメールアドレス。SORACOMのアカウント作成や、ワークショップに必要な情報取得に利用します。

  • クレジットカード

​SORACOMのアカウントを作成いただく際に必要となります。プリペイドカードやデビットカードではご登録いただけません。

 

​対象のお客様

事例編 10:00〜​​

  • IoTの導入・活用・提案にご興味をお持ちの方

  • 自社またはお客様のIoTプロジェクトを推進されて
    いる方、ビジネスリーダーの皆様

  • IoTを推進していくための情報収集をされている方

  • IoT通信プラットフォームSORACOMにご興味を
    お持ちの方

ソリューション編 14:30〜

  • IoT通信プラットフォームSORACOMのサービスについて知りたい方

  • IoTを推進していくための技術について情報収集されている方

  • IoTデバイスやソリューションについて知りたい方

スピーカー

カワサキ機工株式会社 開発部 課長 桜井 昌広 氏.jpg

桜井 昌広 氏

​カワサキ機工株式会社

開発部 課長

住友ゴム 寺本様 差し替え写真.jpg

寺本 雅紀 氏

​住友ゴム工業株式会社

タイヤ国内リプレイス営業本部

ソリューション営業部

0002_original_2.jpg

中田 佳孝 氏

株式会社ハピクロ

代表取締役社長

RATOCKondoh.jpg

近藤 正和 氏

ラトックシステム株式会社

代表取締役社長

20190701-1153_img2309.jpg

伊佐 政隆

株式会社ソラコム

営業部門

セールスディベロップメントチーム

統括

taketo01.jpg

 松永 岳人

株式会社ソラコム

ソリューションアーキテクト

shun01 (1).jpg

横田 峻

株式会社ソラコム

ソリューションアーキテクト

IMG_1072.heic

細川 大輔

株式会社ソラコム

アライアンスマネージャー

出展企業紹介 

ソラコムのパートナープログラム SORACOM Partner Space (SPS)の認定済パートナーが
各種デバイスやソリューションの展示を行います。

パートナー各社の持つ豊富な実績と最新の技術・デバイスに触れることで

​皆様のIoTプロジェクトを推進するアイディアをお持ち帰りいただけます。

logo_atmark-techno.png

株式会社アットマークテクノ

組み込みプラットフォーム

「Armadillo」シリーズ

Armadillo-IoTゲートウェイシリーズを中心にご紹介します。NXP製i.MX 8M Plusを搭載する新製品「Armadillo-IoT G4」は、TensorFlow Liteのサンプル学習モデルを用いたエッジAIデモとして展示予定。NPUにより高効率な演算を省電力で実現することができるため、顔認識や人物検知、製造・建築業におけるAIソリューションなど、様々な現場で採用いただけます。

logo-sponsor-maglab-002_2x.png

株式会社MAGLAB

AirSTATUS​

AirSTATUSは、さまざまな情報を収集することが可能なソリューションです。例えば、施設の混雑状況や温湿度の把握を簡単に導入することができます。
お客さまの課題に合わせて混雑状況を見える化します。お気軽にご相談ください。

logo-sponsor-kyoso-002_2x.png

IoT.kyoto

 株式会社KYOSO

​MORAT GW

市販のModbusRTU 対応センサーやアクチュエーターを本製品に接続し、センシングデータの収集やアクチュエーターの制御を行うIoT.kyotoオリジナル製品です。電力量モニタを使って電力量を可視化し、契約電力の引き下げに活用したり、無線CTノードを使い、大まかな設備の稼働状況の可視化にも活用いただけます。展示会場では当製品のデモを展示しております。ぜひご覧ください!

cami.JPG

株式会社CAMI&Co.

IoT-DX-Kit/調査レポート各種

コンサルティング/調査

センサー技術を使った自社開発のハード・ソフトウェアプラットフォーム「IoT-DX-Kit」
搭載できるセンサーは数百種類以上。IoT/DX環境を0から構築する必要がなく、早く安く簡単に構築可能です。導入実績は、大手・中小企業様の工場や病院、ヘルスケアデバイスなど。
その他、自社開発できる技術力を生かした各種調査レポートの販売、貴社のニーズに合わせたオーダーメイド調査、コンサルティングをご提供いたします。

 

イベント開催における新型コロナウイルス感染予防対策について

開催当日は、東京都の要請に従い、感染症対策を実施いたします。
会場内は、外気と内気を常に循環させる空調システムにより、
1時間に約5回空気の入れ替えを行っております。
また、ブース間も基準に基づいた距離を空け、お客様とも充分距離を取った上でお話できるよう、スペースを確保。滞在いただける時間枠内の定員も絞ることで、密にならない環境をご用意しております。
施設内の備品の消毒、スタッフの消毒・検温、マスク着用も徹底いたします。

【ご来場のお客様へのお願い】

  • 入り口での消毒・検温、マスクの常時ご着用にご協力をお願いいたします。

  • 37.5度以上の発熱、強い倦怠感や咳・息切れ等の症状がみられる場合、来場をお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。​

  • 会場での飲食は原則禁止とさせていただきますが、のどを潤す程度の飲み物を召し上がることは可能です。

 

お申し込み受付を終了しました